クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。
日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:220725

何だか食欲が無いから、
13時食は冷たいアイスで済ませちゃおう・・・

美味しそうなチーズケーキがあるけど、
ダイエット中だからカロリーを考えて
夕方食はそれだけにしちゃおう・・・

そんな人たちも見受けられますが、
ダイエットを考えるなら
ちょっとヤバイですよ!

チーズケーキやアイスといったものを
ご飯の代わりにするのは
ダイエットをする上で
非常によくないみたいですよ!

では、どうしていけないのか?

チーズケーキのような甘いおやつだけで
ご飯を済ませるのがよくないのには、
大きく分けて2つの理由があります。

まず一つ目は
必要な栄養素が取れない点です。

特に甘いものをご飯にしてしまうと
ビタミン・ミネラル・たんぱく質が不足がちになります。

これらの栄養素が不足すると
さらに甘いものを食べたくなったり、
ご飯をしたときの満足感がなかなか得られないので、
暴飲暴食にもつながり、ダイエットの妨げにしかなりません。

次に問題なのが、
こういったご飯が続くと、
いうまでもなく体脂肪が激増してしまうということです。

普通のご飯をするよりも
圧倒的に短期間で体脂肪が増加し、
しかも痩せにくい体質になる可能性が高いんです。

まぁ、これは当たり前といえば当たり前ですよね。
普通のご飯よりもずっと摂る脂肪分が多い訳ですから、
必然的に体質に蓄える量も増えていきますし、
必要な栄養は入ってこないから体質には良くない・・・

そうならないためにも
甘いものをご飯の代わりにするのは避けて、
規則正しい食生活をこころがけることが
ダイエットはもちろんのこと、
健康・美容にも大切なことなんです!